どうしてもお金が必要な時に誰にもバレずにお金を借りられたら・・・と思う気持ち、痛いほどわかります。 やはり「そのくらいのお金なかったの?」「貯金もないの?」なんて思われたくないですよね。 だからといって必要な時というのがある場合には、どうしてもお金を借りたいですね。

しかし問題は借りた時に「在籍確認」の電話が会社などにかかってくること・・・ この確認の電話が会社から家族へと伝わってしまう可能性もゼロとは言えないですし 勤務先に「借金がある」という情報は知られたくないですし、信用性にかかわると思うと絶対バレたくないですね。

そんな心配や不安などについてを中心に解説をしていきます。

会社にバレる?内緒でお金を借りたいけど可能なのか?

金融業者には賃金業法により第三者に借用について知らせる行為が禁じられています。 ですので借り入れた会社からお金を借りた、という情報は洩れる心配はしなくて良いのです。

ただし、会社のパソコンなどからインターネットでの申込みはしないでおきましょう。 やはり会社のパソコンは監視されていますし、履歴に残ります。

そこからバレてしまう事もないとは言えないので、インターネットから申込みを考えている人は 自分のパソコンか、携帯で申し込みをしましょう。

また、借りた後に返済が滞ることがあると、電話などが会社にかかってくることがあります。 この場合には自己責任ではありますが、バレたくないのであれば返済がきちんとできる金額で 毎月きちんと返済をしていくこと、が大前提と言えます。

在籍確認について

ここでキャッシングの際に切っても切れないのが【在籍確認】。

これは「借りた人がきちんと働いていて返せると信頼できるかどうか」「偽りのない申告かどうか」ということを 確認するためでもあります。 私たちが誰かにお金を貸す時には、信頼できない人には貸さないのと同じで 信頼できるかどうか貸す側も見極めなければなりません。

ですので在籍確認は気が重くなるものではありますが、必ずといっていいほどあるものです。

しかし、金融業者の人は個人情報の守秘義務の点からも、会社名などではなく オペレーターの個人名で在籍確認をしているため、会社側からも「セールスかなにか」などと そこまで気に留めることもありませんので安心して大丈夫です。

また、その時に自分が不在であっても「今席を外しておりまして・・・」などという返しで 「在籍しているか否か」が分かればそれでいいので 不在だったからといって再びかかってくることはありません。

また、借りた会社によっては在籍確認の電話をする時間を指定したり、 電話してくるスタッフの性別を指定することもできます。 日時を指定する場合には自分で電話を取れる可能性もありますので、安心ですね。

また、会社の人が出た際に「どんなご用件でしょうか」などと聞いても 「個人的な要件なので携帯へ連絡します」「急ぎではないので後日改めます」などと 借用については触れないので安心です。

電話連絡が出来なかったら審査落ちの対象になるのか?

例えば在籍確認のために電話がかかってきたとしても 近年は個人情報の保護の立場から「回答できない」と答える場合もあります。

しかし、それだけで審査に落ちるわけではありません。 電話確認でなくとも、収入証明のできる源泉徴収票などで在籍確認の代わりにすることができます。

他にも社員証・給与明細・社会保険証・在職証明書などが在籍の証明として認められているものです。

やはり勤務先の事務所には普段人がいないなど特殊な環境であったり、会社の上司に絶対バレてはまずいなど 環境として電話での在籍確認が難しいこともやはりあります。 その場合には、申し込み時に担当者に個別相談をすることがベストです。

審査に落ちる要因は
  • 虚偽の申告(嘘の勤務先の申告)※勤務先が嘘だと収入も嘘とみなされるため
  • 偽装会社の利用(偽装会社はリスト化されていることがほとんどです)
  • 収入のない休職中または復帰の目途のない休職中
  • 明らかに不審だとみなされた場合
が主な事としてされています。

在籍確認の電話が憂鬱だからといって虚偽の申告は絶対にしてはいけません。

電話連絡なしでキャッシングするには?バレずにお金を借りるコツ

多くのカードのキャッシングや借用をする場合には在籍確認の電話がきますが 【電話連絡ナシ】というのはとても魅力的ですし不安が減りますよね。

在籍確認の電話をしなくてもキャッシングすることは、実は可能です。 ただし、その電話連絡なしでの借り入れをできる会社というのはそう多くはありませんがあります。 その場合には別途証明書類を提出することになりますが、申し込みの際に 「職場への電話での在籍確認に不都合がある」旨を伝えるだけでOKです。

例えば収入の証明ができるものがあれば、電話確認もなくすぐ借りることのできる会社もあります。 ネットからであれば、指定のメールアドレスに必要書類を携帯のカメラで撮影して添付して送付する方法もあります。。

他にもインターネットからの契約の場合には郵送で書面が送られることもあります。 しかし郵送物で家族にバレたくない場合には、窓口での契約をすれば郵送物はなくなります。 またインターネットで事前申し込み後に、契約書類やカードを店頭窓口などで受け取る方法もあります。

※ただし銀行のキャッシングですと、郵送物を絶対発生させないことは難しくなります。 また、ネットからの契約で郵送物がくるとしても、差出人がキャッシング業者からのものとはわからないようになっています。

お金をバレずに借りるコツは

  • 個人の携帯で一人の時に申込みを行う
  • 申し込み時に連絡先を自分の携帯にしておく
  • 審査連絡時は「家族などに知られたくない」とあらかじめ伝えておく
  • 在籍確認は日時を指定したり、もしくは他の証明書にて在籍確認とする
など、自分以外の人が極力かかわらないように工夫することでバレる確率はぐっと減ります。

またキャッシングをすることで、気持ちが動揺したりソワソワしていれば やはり家族や近くにいる人間などは「いつもと違う」と感じるものです。 たとえキャッシングをしても、いつも通りの自分でいることが大切です。

急に羽振りが良くなったりすることもやめておきましょう。 必要な時に借りれるキャッシングはとても便利なものです。 借りる際は賢く、また返済を滞りなく出来るように計画的に行いましょう。